ゆーすけべー日記

はてなBlogってどーなの!?

ワンダーフォン #12

サキとは彼女の自宅近く、湘南台駅前のスーパーマーケットで待ち合わせをした。彼女は自転車で後から追いつくと言い、僕は大きなコインパーキングへ車を停めた。煙草を一本吸ってからスーパーマーケットへ向かうと、ひっきりなしに主婦的な女性かおばあちゃ…

ワンダーフォン #11

この不思議な電話にまつわる物語(それに加えて、完熟卵についての考察)は一切の推敲や辻褄合わせを行わないで文章に残している。過去に書いた<節>に文句があろうとも放っておいている。登場人物の名前が紛らわしいからという理由で置換して修正すること…

ワンダーフォン #10

慌てて震えるワンダーフォンを手に取った。サリーからの着信があったのは、元旦の早朝、川崎堀之内のコインパーキング——つまりワンダーフォンを手に入れたばかりの時——以来だ。こちらから電話をかけることがあっても、サリーから着信をよこすことはあれから…

パーフェクトハードボイルドエッグ #04

迎合するな。書きたいことを書け。あちこちに余計なことを書くな。卵の話に集中しろ。 * 相変わらず卵は直立不動でテーブルの上に立っていて、相変わらず中身は完璧な完熟卵である。とはいえ、昨日眼が覚めた頃くらいから、僕の頭の中にある卵の映像は少々…

ワンダーフォン #09

何度も繰り返すが、これは2008年に起こった話だ。 * サキが受講している情報処理の課題の締切である2月14日までの1週間、僕は藤沢の遠藤にあるコメダ珈琲に通った。こういう時にフリーランスという勤務形態は便利である。土日も含めて毎日サキと顔を合わせ…

ワンダーフォン #08

僕がコメダ珈琲に着いて喫煙席を見渡すと、サキはボックスシートに座ってホットコーヒーを飲んでいた。下はロングのコットン生地のベージュのスカートに、上はふわふわと起毛したネイビーのセーターを着ていた。どちらもいい感じに着込まれている印象で、古…

ワンダーフォン #07

サキはやはり慶応の学生だった。現在は大学一年生。一芸入試のような推薦試験をパスして入学するものの、秋学期から授業へはあまり参加しなくなった。ヨーロッパの映画が好きで、家でDVDを借りてみたり、単館上映しているようなところへ出向いてよく観に行く…

ワンダーフォン #06

すっかりサリーに紹介された藤沢の外れにあるコメダ珈琲が気に入ってしまった。そもそも僕の地元は藤沢で——といっても藤沢駅近くなのでコメダ珈琲のある遠藤とは遠くはなれているが——土地勘はあったし、道中のドライブは気晴らしになるし、駐車場は無料だし…

ワンダーフォン #05

2月に入った。自宅にこもっての仕事に飽き飽きしてきた僕は、昼飯をとって(大抵がペペロンチーノをベースとしたスパゲッティーだった)、シエスタを済ませるとMacBookを背中に背負い横浜の街へ出た。ベローチェ、上島珈琲など煙草が吸える喫茶店に入り、必…

パーフェクトハードボイルドエッグ #03

卵の話だ。それもパーフェクトハードボイルドエッグについてだ。 <ハードボイルド>と言えば、レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』をKindleフォーマットで購入し、最新のKindle端末で読んだことがある。半年くらい前の話だ。この小説はハードボイルド…

ワンダーフォン #04

記録的な大雪となった2008年1月の下旬、僕は横浜の自宅アパートの一室で、ワンダーフォンの発信の仕方を発見した。手に持って十回ばかし小刻みに揺すればいい。すると、今度はワンダーフォン側が振動し、サリーに電話をかけることが出来る。数秒すると相変わ…

ワンダーフォン #03

ワンダーフォンは今思えば、デバイス的観点から言っても不思議なデバイスだった。物理ボタンは皆無だし、MicroUSBなどのケーブルの先っちょを差し込む穴もなかった。かまぼこ板を薄くスライスして真っ黒く塗りつぶして、かろうじてディスプレイのある(と思…

ワンダーフォン #02

たしかに下心はあった。 僕が2008年の元旦の朝4時に手に入れた不思議な電話——ワンダーフォンに着信を入れた女性「サリー」は言った。これはあなたの望みを叶える電話です、と。彼女の導かれて辿り着いたソープランド「ヤングガール」の源氏名「リサ」、つま…

パーフェクトハードボイルドエッグ #02

70枚の絵を描いて、動画編集ソフトで貼り繋げて、ありものの90年代UKロックをBGMにして、8分間の動画を作り上げて気づいたことがある。 「僕は新海誠ではない」 誰かが、人間はクジラではないと言っていたのとおんなじだ。いや、まだマシな結論かもしれない…

ワンダーフォン #01

僕がワンダーフォンと出会ったのは2008年だ。Appleが日本でまだiPhoneを発売していない時期、ダウンジャケットを着ていた冬のことである。このように鮮明に時期を憶えているのは、それが1月1日の元旦、それも川崎堀之内でのことだったからだ。 当時、僕は27…

パーフェクトハードボイルドエッグ #01

完璧な完熟卵について語ろう。 かれこれ、一ヶ月くらい前から完璧な完熟卵が僕の頭の中を支配している。びっしりとフライパンにこびりついた油汚れのように。この油汚れってのが不思議なもので、匂いもしないし、見た目もマイルドなものだから、逆にこびりつ…

ジョブチェンジング

小雨の降る午前二時。ソフトシェルジャケットのフードを被っていた顔を上げると、目黒川沿いに咲く満開の桜が見えた。暗闇に隠れた灰色の桜だった。僕が思い描く満開の桜というのは、地元、鎌倉山の坂を登ると通れる色彩を持った「桜のトンネル」のはずだっ…

パチモンの方のYAPCに参加してきました

7月2日、3日と昨日まで開催されていた「YAP(achimon)C::Asia Hachioji 2016 mid in Shinagawa」に参加して来ました。2日目に至っては40分のトークを2本発表するというヘビーなことをだいぶ疲れたけど、全体的に出会いあり、笑いあり、学びありでサイコーなイ…

デバイスに人が慣れコンテンツが変わっていく

そういえば僕は以前、Happy Hacking Keyboard=HHKというキーボードが好きで愛用していましたが、現在はそれを所持しているにも関わらず、AppleのMagic Keyboardを使っています。こいつです。 見ての通り、キーストロークがノートパソコンのキーボードに近く…

Yet Another Pachimon Conferenceで話します! #yapc8oji

7月2日(土)、3日(日)と開催されるYAPC::Asia Hachioji 2016 mid in Shinagawaにてトークをすることが決定しました!ウェーイ! P(achimon)の説明 ってこのイベントの存在を知らない方は「えっ?YAPC::Asiaって去年で終止符って展開じゃなかったの?」と驚か…

IVS CTO Night&Day 2016春 に行ってきた #ctonight

「行ってきた」と言っても、いまだ開催された宮崎市内にいますが... 血迷って中途半端な時間の飛行機を取ってしまい空き時間が出来たので、それを利用して「鉄は熱いうちに」昨日まで開催されていた「IVS CTO Night&Day 2016 Spring」のことについて書きます…

とある技術顧問のお仕事

トラベルブックの技術顧問となって1年以上が経った。今ではそれに加え、ブレイブソフト、HIROKENと合計3社の顧問をやっている。僕が元から持っているオモロキでの「ボケてのバックエンド開発」は継続しつつの顧問業務である。最初は「しんどいかな?」とか「…

SlideckっていうWebサービスをつくった

tl;dr Slideckっていうエンジニア向けっぽいWebサービスをつくりました。できたてホヤホヤです。 slideck.io GitHubのレポジトリに、とある簡単なフォーマットに従ったMarkdownのテキストファイルを置いとくと、 Slideckの機能を使ってオンラインでクールな…

僕がプレゼンのスライドをつくる時に考えること

僕がひとり語りしているPodcast「wada.fm」の前回のエピソードでも話したんだけども、プレゼンテーションのスライドをどうつくるか?みたいな話。 ちょいと最近とある方に ゆっけさん(彼は僕のことをこう呼ぶ)のプレゼン資料いいよね〜 と褒められ、結果彼…

何をどう実装するか?コードを書かない話

最近思っていることをツラツラと。 サービスにとって「コードを書く」という行為以上に「何をどう実装するか?」を決定するスピードと精度が非常に大切だと改めて感じている。一般的な言葉で言うならば「要件定義」や「設計」に当たるところ。ある程度サービ…

栄和堂を開店して2ヶ月が経った件

弟が店長、親父がカフェマスターを務めるカフェ&バーである「ブックスペース栄和堂」が開店して2ヶ月が経った。運営するのは僕が代表、そして彼ら2人も所属する株式会社ワディットである。 僕は現状の仕事がある、そして「物理的に遠い」という理由から、顧…

Golangを初めて本番投入したぜ!

先日「ボケて」サービス群の中でも「スタンプ」という機能を提供するアプリサーバがGo実装になりました。これが僕にとってほぼ初めての「Golang実戦投入」となります。Goの良さについては去年の10月に僕がやっているPodcast「wada.fm」でも言及していました…

Rebuildメソッド Early 2016

いつの間にかmiyagawaさんとの間でRebuildメソッドという言葉が産まれたのでその紹介。これは決してRebuildを聴いている人向けの話じゃなくって、彼や僕みたいにPodcastをやる側の人向けのメソッドなんだけど! 以下の記事にあるように、PCやラップトップが…

初めてのイギリスなう

大晦日から年明け、そして今もロンドンにいる。嫁が見つけてきたHISの格安ツアーで初めてのイギリスに訪れた。 イギリスと言えば僕の若かれし頃、その自分の労力の多くを費やしたサッカー、そしてビートルズを発端とするUKロックが産まれた場所である。以前…

ひとり「iPad mini Advent Calendar 2015」コンプ版

この記事はiPad miniの活用法をAdvent Calendarっぽく「25個」紹介するというものです。 と言っても一般的に言われてるような使われ方というよりか「僕なり」のわりとハードボイルドな?Tipsになるかもしれません。その結果「iPad miniを使いこなしているつ…