ゆーすけべー日記

はてなBlogってどーなの!?

打った文字を返してくれるAVR回路&プログラミング

昨日はLEDを光らせたが、今日はパソコンとのシリアル通信にトライ。シリアルケーブルとavr2313の間にADM232というICをかませる。久しぶりにシリアルの口のところで半田付けしたり、5V電源のスイッチを作ったり。ギリシャ人の方のこちらのページを参考に作業を進める。うまくつなげてプログラムもばっちしかと試してみてもうまくいかん。TeratermでCOMポートに接続してボタンを押すと、軽くLEDが反応するくらい。どうしたもんだと3時間くらい悩んだ末に解決してくれたのは、丸大君。メッセンジャーで俺が「うまくいかない」と言ったら診断してくれて、配線ミスに気づかせてくれました。ADM232からの入力信号をavr2313のRESETに差してた。いっこずらして、うまくいきました。丸大様様です。

その結果できたのは、こちら側で打った文字をAVRを経由してまたまた出力してくれる通称echoと呼ばれている回路&プログラミング。あ、あと打ったキーによって適当にLEDのひかりかたが変わります。

DSC08358.JPG DSC08356.JPG

動いてる様子の動画(mpeg)

だいぶわかってきたな。本日お世話になったサイトは以下です。