ゆーすけべー日記

はてなBlogってどーなの!?

水上でキャニオニング体験

群馬県水上に半日キャニオニングしてきました。キャニオンズってところがやっている半日キャニオニングです。はたやんに誘われたので、奥出研メンバーwithゴブリンメンバーで。

キャニオニングとは、身一つで滝や渓流を降りていくこと。こう一言で書くとかなり「無謀な」ように思えるが、果たしてどうなることやら。

関越飛ばして東京から1時間10分で水上へ。こんな感じのところにキャニオンズの本部があります。キャニオンズのスタッフにはニュージーランドをはじめ多くの外国人の方がいる(詳しくはキャニオンズスタッフのページ)。やったら「レッチリ」が流れてた。山の中の「海の家」みたいな雰囲気だ。
DSC08915.JPG

契約書にサインする。万が一事故がおきても責任は負いませんよ、という類。
DSC08918.JPG

ガイドのヒロからギア(つまり装備用具)の説明をうける。ウエットスーツ、ヘルメット、ライフジャケット、そしてお尻を囲うようにつけるパンパースことキャニオニング専用ハーネスなど。ギアが生死をわけるかもしれないと、真剣に聞き入る。
DSC08919.JPG

ウェットスーツをまとった俺(左)、俊輔(右)
DSC08920.JPG DSC08921.JPG

ギアを装着していよいよキャニオニングを開始。スタッフのスコットの運転する車に揺られ川岸に到着。ヒロから簡単な説明を受けていよいよ川の中へ。ライフガードがぷかぷか浮いて楽しい。と、ゆるい流れを進んでいくと、いきなり20mの滝に。。ロープで途中まで吊られて真ん中くらいから放され、滝の流れとともに滝つぼに突っ込むらしい。順番を待っていると滝からさらに上の公道と面している崖からスタッフのグラッシーが覗き込んでいる。いきなり「スリー、トゥー、ワン」とカウントすると、その崖から滝つぼにジャンプ!!グラッシーの体が自分達の目の前を経由して落っこちていった。滝の近くに近寄れないので滝つぼの中が見れないがどうやら「こんなことはたやすい御用」といったところか、だいじょぶみたい。しっかしすっげー高さから飛び込んだな。20mの倍くらいある高さだから50mくらいから落ちたのか?

絵で書くとこういう感じ。
grassi.gif

滝を降りる順番がやってきて、いざ降りる。 途中上の崖から写真を取ってもらった。写真はプリントアウトしてもらえるはずだったが、パソコンが壊れてプリントアウトが無理らしく、ディスプレイで表示させていたのを拝借(俺の持ってるデジカメで撮る)させていただいた。滝の途中で「少林寺」のポーズ。

DSC08924.JPG tobikomi.jpg

で、滝と共に落ちたわけだが、楽しい。滝つぼの中に飛び込んで、じっと浮かぶのを待つのも楽しい。他に小さい滝もいくつかあってすべり落ちる、というのを楽しんだ。適度に疲れてきたなと思ったらツアー終了。グラッシーが運転する乱暴な車に乗って本拠地に帰る。

ガイドのスコットと共に記念写真。ポーズは滝を落ちるときの基本姿勢(おちんまい:おちんちんしまいなさい)。
DSC08925.JPG

帰りがけに亜詩麻というレストランで焼きカレーを食べる。「具を探して食べていくのが楽しい」By俊輔DSC08927.JPG

水上の名物で「生どら焼」というのがあるらしいのだが、果たして「でどら焼きってどういうことなんだろう」という議論になり確かめに行く。
DSC08930.JPG

「この生どら焼の生ってどういう意味なんですか?」俺
「生クリームとあんこを混ぜたものが入っていて生クリームの生になります」店員
それは盲点だった。
DSC08932.JPG

このお店のおかみさん。あまやんと真似をしてみる。
DSC08931.JPG

DSC03100.JPG DSC03101.JPG DSC03102.JPG DSC03103.JPG DSC03095.JPG DSC03096.JPG DSC03094.JPG

あまやんと福神様のツーショット。
DSC08933.JPG

はたやんレガシーと激走し、帰宅。
初めてのキャニオニング、素敵なギア、大自然、そして愉快な外人達。楽しかったです。
DSC03108.JPG