ゆーすけべー日記

はてなBlogってどーなの!?

第2回裏箱根駅伝走破!

urahakone.gif 本日2004年12月26日、第2回裏箱根駅伝が開催された。裏箱根駅伝というのは箱根駅伝の復路のコースを各チーム5人で走るというもの。だいたい1人20キロ走ることに。詳しいことは大会実行委員長のハラスのページを見てください。 

俺はフットサル団体のRegunaryでチームを組んで参加。以前飲み会の席で話してみたらみんなノってきたので参加することに。。。チームメンバーが集まるのか!?完走できるのか!?下痢のやつがいるが走り切れるのか!?等様々な問題があったが、結論を言ってしまうと芦ノ湖~大手町読売新聞社前まで無事たすきをつなぐことに成功。今終わって家に帰ったばかりで足が痛くてしょうがないけど、この貴重な経験の興奮を維持したままこれを書いております。以下、今日の流れ、結果等をあっさりと写真とともに振り返ります。

まず、メンバーと走る区間はこんな感じ。

第1区(箱根・芦ノ湖~小田原):ひごちゃん
第2区(小田原~平塚):俺
第3区(平塚~戸塚):マサ
第4区(戸塚~鶴見):KC
第5区(鶴見~大手町):福田元官房長官

早朝6時前に藤沢に集合。KCが体調不良でいきなり、藤沢来る途中うんこをもらして、ノーパン。先が思いやられる。芦ノ湖に到着すると早速開会式。今回はなんと10チームが参加!たくさん人がいる。

(左)選手宣誓の様子、(右)我らがRegunary、福田元官房長官は途中合流のため不在
DSC01202.JPG DSC01203.JPG

(左)手旗を車につけて特製先導カーの出来上がり、(右)1区走者のひごちゃん
DSC01204.JPG DSC01206.JPG

8時にいよいよ芦ノ湖をスタート!小田原中継地点を目指す

DSC01207.JPG DSC01216.JPG

1区は鬼の下り坂。ひごちゃんは軽快に飛ばして10チーム中4位(1時間34分)で小田原中継地点へ。というか1、2位争いしているチームまじ早い。

DSC01218.JPG DSC01224.JPG

2区は俺。コンビニ行ってる間にいつの間にかにひごちゃんが中継地点へ近づいてきていて、急いで着替えて靴を履き替えてアップやストレッチする暇もなくたすきをうけとりスタート。ここから平塚中継地点までの長い戦いが始まった。

DSC01229.JPG DSC01230.JPG

途中、ランニングしているおじちゃんとか、信号待ちしているおばちゃんに「今裏箱根駅伝と言って、箱根駅伝のコースを駅伝で走ってるんですよ。。」と話しかけてそのリアクションとして強引に沿道の声援をもらって走る。5km通過したくらいで足が痛くなったのでここで初めてストレッチをする。その後も割りとゆっくりとだが俺なりに確実なペースで走って10kmで折り返しくらい。そこで恥骨からお茶をもらうがその付近で1チームに抜かれる。 だんだん足の痛みが強くなってくる。歩道より側道を走った方が負担が少ないとか考える。そのほかにもいろいろ考える。目に映るもので歌を作ったり、サザエさんの歌を頭の中で歌う。下の写真は13,4km付近で給水している模様。

DSC01234.JPG DSC01237.JPG

ここからがきつい。大磯手前でもう1チームに抜かれる。ほんと足が痛い。右足の足首の付け根のところがヤバイ痛い。痛くて走れない。伸ばす。ちょっと楽になる。走る。でもすぐ痛くなる。じゃあ、もっと継続して走れるようにあまり痛くないように走ろう→ものすごいゆっくりジョグしてちょっとずつでも進む。ラスト5kmくらいの大磯がものすごく長く感じる。そして腹が減る。走って腹が減るという単純な人間の仕組みをもろに感じる。八百屋で売ってるみかんがとっても食べたい。足の爪がはがれそうだ、見てみるはがれなさそうだ。中継地点が近くなると与えられた地図を何度も見て超ゆっくりのジョグで少しずつ距離を稼ぐ。そしていよいよ平塚中継地点へ。

第3走者のマサに無事たすきを託す(2時間27分 / 20.9km)。その時点で6位。右の写真は完走後の俺、足の痛みとものすげー充実感。

DSC01246.JPG DSC01248.JPG

3区は平塚から戸塚まで。俺達に慣れ親しんだ場所を走る。Regunaryのズンが自転車で様子を見に来てくれたらしくマサについていく。途中までいいペースで進んでいるらしい。安心してマックで飯を食うもズンから連絡が。途中からひざを痛めて歩き出したようだ。

DSC01269.JPG DSC01268.JPG

さて、マサが走っている途中に福田元官房長官、はちまき姿であらわる。右の写真は好敵手、らぶワゴンの戸塚中継地点でのたすきリレー。

DSC01271.JPG DSC01276.JPG

とはいえ、マサは途中走ってマキシマムズには負けずに戸塚中継地点へ。KCへたすきをつなぐ。

左が下痢が止まらないKC、右がナイナイのオールナイトニッポンを聴いて走るという鎌団子。KCを鎌団子を追う(チェイス)する展開。KCがコンビニのトイレに立ち寄っている間にどれだけ差を縮められてしまうのか。

DSC01273.JPG DSC01275.JPG

さてKC君、戸塚から約13km離れた横浜付近で見かけたときはなんともストイックな走りを見せる。

DSC01289.JPG DSC01290.JPG

このストイックな走りに安心して早めに鶴見中継地点でスタンバっているがなかなかこない。道間違えてないかヒヤヒヤ。鎌団子に抜かれていないかヒヤヒヤ。やっと来る。 アンカー福田元官房長官にバトンタッチ。どうやらKCがなかなか来なかった理由はやはり、途中途中コンビニのトイレに寄っていたからということ。KC曰く10軒前後のコンビニに行ったらしい。右の写真は各コンビニのトイレの特徴について話すKC。

DSC01294.JPG DSC01296.JPG

さて、前回優勝チームマキシマムズの第4走者鎌団子が遅れて到着、アンカー元中距離関東選抜のハラスにバトンタッチ。さらに遅れてらぶワゴンの第4走者リーチが到着、アンカーは元陸上部氷川君。 この2人の猛追から逃げ切れるのか福田元官房長官!この2チームには負けたくない。。。

(左)マキシマムズ ハラス、(右)らぶワゴン 氷川君
DSC01291.JPG DSC01292.JPG

もう既に暗くなった東京の街を走る福田元官房長官。彼の走る姿は実に美しい。

DSC01295.JPG DSC01305.JPG

ゴールの大手町読売新聞社前で待機。

DSC01306.JPG

もう既に他の6チームはゴールをしていて、1つのチームがメンバーが足らずにリタイア。残るはRegunary、マキシマムズ、らぶワゴン。

「走者がきたぞー」と言う合図を確認するなり、ものすごいスピードでゴールのテープを切ったのはらぶワゴンの氷川君。なんと福田元官房長官とハラスを抜いてのゴール。短いスパンの後、次に来たのは、マキシマムズのハラス。福田が抜かれたぁ。これまた短いスパンの後福田元官房長官が現れてゴール!

DSC01308.JPG

ゴールしたのがだいたい夜8時30分頃。芦ノ湖をスタートしたのが朝8時なので、12時間30分で無事芦ノ湖から大手町までたすきをつないだのだ。マキシマムズ、らぶワゴンに負けたのは非常に悔しいがそれは来年リベンジするとして、この箱根駅伝の復路コースを俺ら5人で完走したというのはものすげー貴重な体験だ。

その後閉会式が行われる。1位のチームは「横国」。たぶん1区間1時間40分ペースでつないだっぽい。ものすげー早い。1位おめでとうございます。そして氷川君区間賞おめでとうございます。

DSC01311.JPG

というわけで、飯食って、帰ってきて今に至る。ありがとう裏箱根駅伝。