読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆーすけべー日記

はてなBlogってどーなの!?

卒業おめでとう

昨日奥出研の秋学期最終発表が終了して、学部4年と修士2年の人とはこれでお別れ。 皆さん卒業おめでとうございます。そして、いろいろとありがとう。 とはいいつつも、これからもなんかしら絶対に絡みはあるだろうし、 こんだけ面白いコミュニティ(だって、あんだけでかい研究室で巨大プロジェクターとワイヤレスマイクを使って、 本物のラジオDJが司会を務めて、めちゃくちゃ楽しい「追いコン」を企画・演出できる人たちって、 なかなかいませんよ、ってかいないよ) なので、何かしらの「つながり」を持てるような仕組み・サービスを俺の事業で提供していけば、 これで終わりではなくて「いい感じ」に付き合っていけるでしょう。

総括はこんな感じなのだが、今日は俺が学部1年から、ブランクもあったものの、6年間、ずーと一緒にやってきた、 俊輔について特集します。 まずは、俊輔との出会い、これはもうすでに有名な話ですが、一応エピソードを。 俺が大学入学したての頃、ちょうど新歓の時期ですね。その時いろいろとサークルの説明会みたいのを回っていて、 同じ高校出身の友達と、 とある音楽サークルの部屋に行った。そしたらその隣で、 緑のチャンピオンのトレーナーを着た新入生らしき人がひとりで来ていて、先輩の人としゃべっていた。

「俺フジロックとか行って〜フェスティバルとか興味あるんすよ〜」

とかなんかアピってた。 これが1度目の俊輔との出会い。 2度目は、これの数日後、授業が始まりだしたとき。まだSFCが喫煙に対してゆるかったので、 教室の前に喫煙スペースがあった。俺は授業の合間にそこでタバコを吸ってたら、 いきなり例の緑のチャンピオンのトレーナーの1年生が来ていきなり

「あ、○○○研(サークルの名前)の説明にいた人ですよねぇ」

と聞かれて、ちょっとびっくりした。「あっ、はぃ」みたいな微妙なリアクションしか返せなかった。 そしていよいよ、3度目の出会い。 これも何度もこの日記でかいてますが、ドキュメンタリーを作るというきついけど楽しいらしいという 目玉授業があって、その授業の2回目の講義の時。 ドキュメンタリーを作るチームを何人かで組め、といわれたので、 俺はこのまま同じ高校出身の友達となんとなく組もうかな〜と思っていたら、 あら、この授業にもあの緑のチャンピオンのトレーナーの1年生がいるじゃあありませんか。 なんかこの瞬間にインスピレーションっていうんですかね、なんか感じるものがあったんだよね。 同高校出身の友達からは離れ、今度はこっちから「一緒にチームを組まない?」って声をかけた。 そしたらなんか人数が中途半端になって、最終的にはあまりものの人たちって感じで 組まされた。そこから俊輔と一緒にモノを作る6年間の生活がスタートしたのであった。 ドキュメンタリーのことについてはこちらを参照:ゆーすけべー日記: 村主(すぐり)さんがんばれ

それからはそのドキュメンタリーの授業をやっていた教授のところに、軽いスカウトをされ、 俊輔と共にその教授の研究室で、いろいろやった。で、その研究室が奥出研というわけなんだな。

では、俺のホームページで俊輔との日々を振り返ってみよう。

そして、昨日の研究会の最終発表で彼は緑のチャンピオンのトレーナーを着たカメラ小僧と化していた。

俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔 俊輔

まったく、どこのキャンギャルハンターだよ。

ま、なにはともあれ、卒業する皆様の活躍を祈ると共に、今後ともよろしく。

関連サイト