ゆーすけべー日記

はてなBlogってどーなの!?

2006ワールドカップドイツ大会 個人的感想

本日7月9日早朝決勝戦をもって、1ヶ月に及ぶ2006ワールドカップドイツ大会が幕を閉じた。 というわけで、個人的に振り返ってみる。

決勝戦 イタリア vs フランス

まずは先ほど録画しておいたビデオを見て結果を知った決勝戦、イタリアvsフランス。 ワールドカップの決勝戦という重要な試合が120分間の激しい戦いの末結局PK戦という勝負で無理やり決着がついてしまうことは、このスポーツの持つある意味「儚さ」のようなものだ。俺が中学生の頃、毎日がサッカー漬けだった94年に開催された、アメリカ大会決勝ブラジル vs イタリア。PK戦までもつれ込んだ試合でイタリアのロベルト・バッジョがはずして優勝を逃したことを思い出す。そのイタリアが今度こそはPK戦に勝利し優勝した。カンナバロがカップを手にし、紙ふぶきが散る場面はやはり感動的だ。

なんといってもこの試合はジダンの「頭」が象徴的。守備力が高くどちらも1トップの布陣をとる両者、よって試合前は点がなかなか入らないのではないかと思われたが、フランスがPKを得たことで試合の見所ができた。決勝戦という舞台で幸運にも手にしたPKをチップキックで蹴るジダンの余裕。同点弾となるマテラッティの強力ヘディングをアシストしたピルロが蹴ったコーナーキックの質。どちらも素晴らしい。後半戦になってからフランスが素早く攻め込む場面が目だったが、やはり試合を通して「攻めと守備」における1対1の攻防、そのレベルの高さが目立った。とくにアンリとカンナバロのせめぎあいは面白かったなぁ。そして、延長戦、一個目のジダンの「頭」。フランス右サイドサニョルのクロスにジダンがどんぴしゃであわせるヘディングシュート。イタリアが同点に追いついてから一番得点の匂いがするシュートだった。あれ、ジダンは入ったと思ったんだろうな。しかしイタリアGKブフォンの好セーブに阻まれる。二個目の「頭」はヘディングじゃなくてマテラッティへの「頭突き」だった。これによりジダンは一発レッド、ジダン現役最後のプレーが「頭突き」とは…。あまりにも悲しい幕切れ。ジダンがヘディングシュートをはずした時点で、サッカーの神様はイタリアに傾いていたように、今から思うと感じてしまう。先ほど見ていたニュースによればそのジダンが大会MVPに選ばれたとのこと。そんなジダンをも「頭突き」という形で、狂わせてしまうワールドカップの決勝戦、すさまじかった。

最も印象に残った試合

今大会最も印象的だったのは準々決勝の「イングランド vs ポルトガル」。ルーニーがレッドカードで退場してからPK戦に持ち込むイングランドの戦い方はある意味みごとだった。しかし、PK戦。ポルトガルGKリカルドの好セーブも含め、ランパート、ジェラードという個人的にも注目していた選手がはずしてしまうのはなんともいえない、これも儚さを含んでいた。

最も印象に残ったチーム

印象に残ったチームは「ドイツ代表」。 俺は個人的に「いびつな集団」と名づけているんだけど、個人個人の選手のプレースタイルが多種多様であってそれがなんともいえないバランスで成り立っていて、大会になるとやたら強い。 様々なのはプレースタイルだけじゃなくて選手の「顔」にも現れていて、例えば王子様顔したクローゼ、悪がき顔したシュバインシュタイガー、愛嬌のあるポドルスキー、粋のいいおっさんシュナイダー、そしてなんとも情けない顔をしながらゴールを決めちゃうヌビル。選手の顔を見ているだけでも楽しくなってしまう。それに主催国ということもあるのかな、非常にチームの雰囲気がいい。 ワールドカップトーナメントで唯一勝って終われる2チームに入ったのは喜ばしいことである。

最も印象に残った選手

サイドバックフェチの俺にとってドイツ代表のラームは最高の選手と思って毎試合見てた。 素早い上がり、精度の高いクロス、正確なグラウンダーパス、相手を離さないディフェンス、高確率でボールを止めるスライディング、そして豊富な運動量。いやーほんと楽しませていただきました。 あと腕を怪我しているのか包帯巻いてプレーしているのもなんか萌えるね。

最も印象に残った瞬間

準々決勝、ドイツがアルゼンチンを破った試合。 そのPK戦で、脚に故障を抱えるバラックがボール蹴る。その瞬間が妙に印象に残った。 結局、バラックはシュートを決めるのだけれど、自国開催、キャプテンというプレッシャーを追いつつ本調子でない状態で蹴りに行くときの「勇気」をテレビ画面を通じてなんか感じた。

最も悲しかったこと

これはおまけ。今ワールドカップで最も悲しかった時。それは日本代表が予選突破できなかったことでも、お気に入りのチーム優勝しなかったことでもない。 ビデオ録画していた準決勝のドイツ vs イタリアを見ていて、さー延長戦だーと思った瞬間、NHK番組「おはよう日本」が流れだしたこと。90分までは1chで放送して延長戦からは3ch教育テレビで中継するなんてーー。おかげでイタリアの2点を見逃したってーの。