ゆーすけべー日記

はてなBlogってどーなの!?

北アルプス奥穂高岳登頂、あやうい探検隊第3弾

この感動は、写真や動画に収められるものではない
人から教わることも伝えることも無理
だからこそ、俺達は自分の足で山に登るのだ

―あやうい探検隊一同

昨年、奥出研な人達を中心に結成され、 初企画の「雲取山縦走登山」でいきなり危険な目に遭ったためこう名づけられた「あやうい探検隊」。 第3回目にして早くも北アルプス「奥穂」に挑戦してきました。 結果的に登頂した山は日本で第3番目の標高を持つ「奥穂高岳」。 隊長のすがちゃんが事前に参考文献としてあげた漫画「」を 1巻だけ読んだだけというほとんど前提知識無しの状態で登りだしたんですが、 これがまたすんげえきついのなんのって。まじ死ぬかと思った。生きててよかった。 そんな感じで今回もまだまだ初心者な俺達がハイレベルな山を攻める危険も含め、 いろいろとあやういことが起こりました。 直前に勃発した交通機関が無くて行けないんじゃないか問題、登山途中につってくる脚、 強行スケジュールのため襲い来る睡魔、定番の迫りくる日没、山荘目前にして真っ暗闇のはしご下り、 山荘内の殺伐感、下山最中大爆笑のひざ、そして止まらない屁… というわけで、上記した通りこの体験・感動を伝えるのは非常に難しい、 いや可能なものではないのですが、できる限り写真と動画と共にレポートしてみます。 お宝写真のおまけもあるよ。

あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

*副題 : こんな(仮性ひきこもりな)僕でも奥穂に登れた

俺さ、ひきこもりなんですよ。ヒッキーってやつ。あんま言い過ぎると本物の人に怒られそうだから、 仮性ってことにしておくけど、とにかくひきこもりなの。 うんで、最近こそ都内に出かけたりする機会が多くなったけど、 いつもはたいてい部屋にずっといて、外出するのは昼飯食べにでかけるくらい。 それも移動手段は車ばっか。 だからさ、体力激衰えまくりなの。 高校生まではサッカーやってて、 そんときゃ階段ダッシュとか100メートルインターバル走とかでしごかれて体力あったんだけどさ。 今じゃ横浜行って歩いただけで筋肉痛になるほど。 それで何が言いたいかって、こんな俺でもさ奥穂高岳登れたんだよ。 さっきも述べたけど、こんなきちいとは知らなんだよ。 まじひきこもりが来るところじゃねえよ。でもさ登れたんだよ。 生きて帰って来れたんだよ。 てなわけで、「こんな僕でも社長になれた」という本がありますが、 俺は社長な上、さらに「こんな(仮性ひきこもりな)僕でも奥穂を登れた」 という視点でもこの記事をお楽しみくだされ。

山行概要

目的地
奥穂高岳 標高3190m
期間
2007年10月6日 - 7日(1泊2日)
メンバー
すがちゃん、よっしー、ほよ、きーちゃん、俺(計5名)
宿泊地
穂高岳山荘
天気
晴れ
コース
第1日目: 上高地バスターミナル 標高1500m(7:50)→岳沢ヒュッテ跡 (10:30)→カモシカ立場 標高2450m(12:10)→紀美子平 標高2910m(14:40)→最低コル(15:20)→奥穂高岳 標高3190m(17:10)→穂高岳山荘 標高2980m(18:10)
第1日目歩行時間(休憩含む): 10時間20分
第2日目: 雲取山山荘 標高2980m(7:00)→涸沢ヒュッテ(9:20)→屏風ノコル(10:40)→中畠新道分岐→徳沢キャンプ場(14:20)→上高地バスターミナル 標高1500m(16:00)
第2日目歩行時間(休憩含む): 9時間

今回は雲取山、両神山と続くあやうい探検隊登山第3弾。当初の目的地は北穂高岳であったが、当然の如く時間及び体力的に不可能ということで奥穂高岳を目指した。行程は出発口の上高地バスターミナルから奥穂高岳までは距離にして約10km、標高差1700m、1泊2日コース。初回の雲取山登山と同じく、宿泊は山荘に泊まって、食料はすべて自前でもって行き自炊をすることにした。丁度紅葉の時期もあり、また晴天にも恵まれ、非常に美しい北アルプスの景色を眺めることができたが、まだ初心者を脱していない我々にとって穂高は非常に過酷な山であった。

東京から上高地へ

登山の出発地である上高地へ行くまでも一苦労。 当初、金曜日の夜、東京周辺で待ち合わせて隊長すがちゃんの実家の車で現地入りする予定だった。 ところが、当日の朝になってすがちゃんの実家の車が家庭内調整のミスで使えなくなる。 レンタカーとバスを当たるも三連休ということで予約がいっぱい。 つまり、足=交通手段が無くて上高地まですら行けないという前代未聞のあやうい問題が発生。 最悪の場合、中止ということも考えていたその時、すがの隊長からメールが届いた。

「レンタカー キャンセルでて割と大きいのをゲトーできました」

よかったー。危機回避。 集合場所は東京駅。みんな仕事帰りが多いので、全員集まれたのが23時30分頃。 きーちゃんとは俺、初対面。 彼は、すがちゃん、ほよと会社の同期で、さらにすがちゃんの高校の後輩でもあるらしい。

左から隊長すがちゃん、きーちゃん、よっしー、ほよ、俺
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

足=交通手段がある状態でみんなと集まれただけでテンションがあがるも ちょいと気づいたことがある。 隊長の作った予定だと、このあと現地に向かって、早朝から登頂開始とある。 ってことは、寝る時間ぜんぜんねぇーじゃん。 そう、今回の登山は最初から、そして最後まで強行スケジュールの中行なわれたのだ。

隊長の運転でいざ、長野へ向かう。 途中、都内のスーパーに寄り、山小屋で自炊するための材料、昼飯となる行動食、水を買い込む。

高速入ってしばらくしたら、隊長も眠くなってきたので、前日シエスタして目がさえている俺が運転を交代し、 そのまま上高地手前の駐車場に到着。 もう朝5時! さすがに今すぐ登り始めるのはつらいという結論に達し、1時間ほど車内で仮眠をとる。

(左)(中)車中で仮眠をとって、(右)起きたら準備
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

なんだかんだで、起きて、朝飯食って、パッキングして6時30過ぎから行動開始。 上高地周辺はマイカー規制になっているので、駐車場からはタクシーに乗って移動する。 北アルプスの大自然が見えてまいりました。

(左)タクシーの運ちゃん曰く「よく写真として使われる」ポイント、(右)運ちゃんパワフル
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

映像 : 東京から上高地へ

上高地バスターミナルに着くと、改めてどういう登山道を通るか=ルーティングを決める。 予定されていた緊急ミーティングというやつだ。 地図を見ながら時間を計算してみると、 当初目的地としていた北穂高岳に着くのが19時以降ということになり、 これは絶対無理って感じでなんとなくその途中にある奥穂高岳を目指す。 登山計画書もちゃんと書いて提出した。

(左)ミーティングの様子、(右)出発
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

さぁやっと登山開始だ。

映像 : 出発

登頂開始、上高地〜岳沢ヒュッテ跡

上高地河童橋周辺は登山する人も含め観光客であふれている。 確かに、ここから見える広大な山々、周りの幻想的な自然は見ごたえがある。 だが、景色に見とれている時間は無いので、そこはストイックに歩を進める。 第1目的地である岳沢ヒュッテ(山小屋の意味)跡まではなれない岩の足場に少々戸惑うもわりと予定通り。 しかし、ここまでは高低差も少ないまだまだ序盤。 本当のあやうさがやってくるのはその直後であった。

幻想的な自然の中を歩く
あやたん奥穂高岳

岳沢ヒュッテ跡にて山々をバックにたたずむほよ
あやたん奥穂高岳

休憩中のみんな
あやたん奥穂高岳

映像 : 岳沢ヒュッテ跡

岳沢ヒュッテ跡〜カモシカ立場〜紀美子平

丁度紅葉しだし「いい時期」である穂高には俺らの他に登山者が山ほどいる。 また、どうやら韓国でもこの穂高、有名らしくて途中韓国人のパーティとすれ違う機会が結構あった。 韓国といえばほよ隊員である。彼は英語より韓国語が得意。 岳沢ヒュッテ跡を出た山道で彼らとほよとの異文化交流が行なわれたりした。

徐々に険しくなっていく道
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

ところで、その頃、俺の脚に異常が起こっていた。 「ぷるぷる」するのである。 一歩一歩登るのがつらい。足が重い。 なんじゃこりゃー。上記した通り日ごろの運動不足が完全が完全にたたっている。 そしてついに脚が「つった」。 マジ動けないので隊員には申し訳ないが休憩をとらせてもらう。 これが冗談じゃなくてほんとにきついので、 ぶっちゃけ「やめる=登頂をあきらめて下山する」ことも考えた。 隊長曰く「その辺は自己判断」、周りはなんとも言ってくれない。 でもね、「やめる」なんてやっぱありえないよ。 非常食用のスニッカーズをがっつくって超回復を願う。

この脚がぷるぷるするあやうさを救ってくれたのが「キャロット駆動登山」というメソッドだ。 キャロットというのはあくまでメタファーなんだけど、 馬の目の前ににんじんをたらしておくと馬が頑張って走るってのあるじゃん。 あれを応用するわけ。 ようは俺の目の前にキャロットが見えるようにしておくと、 脚がぷるぷるしててもなんとか前に進むんじゃないかということ。 その絶好のキャロットの対象が丁度いいタイミングであったんだなこれが。

「登山者・若い女性・一人・かわいい」

キタコレ。にんじん食べたい。モチベーションアップして足があがる。歩ける。 最終的ににんじん食べるどころか、追い越しちゃったんだけど、これでわりと超回復できた! ほんと、よかったー。まじあきらめてた感あったからね。 今思うと、もっとキャロットたんに絡んどけばよかった。

キャロット「どこの大学出身ですか?」
俺「慶応大学って知ってますー?日本の私立の大学で一番頭がいいところっすよ!」

っていう「嫌味を軽快にハイテンションで言う」っていうボケしかできなかった。 あーさらには写真も撮ってないよー。まあいいや。

ここから道はどんどんと険しくなる。 「えーここ登るのー!?」っていうくらいの岩場を通っていく。 登山というよりむしろクライミングに近い。

(左)途中にははしごもあり、(右)クライミングの様相を呈してくる
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

カモシカの立場」ではこれから目指していく山々が一望できる。 澄み切った空の青さと360度のパノラマに感動する。 この景色は写真には収めらきれないなとその時気づいた。

カモシカぶるきーちゃん、背景が綺麗だ
あやたん奥穂高岳

休憩は基本的に30分に1回のペースでとり、水分補給をして行動食を口に入れる。 りんごを持っていったのだがこれがよかった。 生まれてこのかた人生で一番うまいりんごだった。 やはり、山で食う食べ物の味は日常のそれとは全く違ったものになる。

(左)りんごを食べるよっしー
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

次なるポイント「紀美子平」に着いたのが14時40分。 予定していたコースタイムより1時間以上遅いペース。 計算すると山荘に着くのが18時となる。 通常は山小屋には14時〜15時を目安に着くことが常識だ。 18時着というのは初回の雲取山登山の時と同じ状況であり、日が暮れた状態で小屋を探すことが予想される。 危険だ。さすがあやうい探検隊。

紀美子平へ向かう途中の景色
あやたん奥穂高岳

(左)くさり場を渡って、(右)紀美子平へ到着
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

映像 : 紀美子平

紀美子平〜最低コル〜奥穂高岳

紀美子平を出て、「最低コル」を通過し奥穂高岳へ向かう道が最大の難所だった。 いや、これは道じゃない、崖だ。 隊員よっしー曰く「こんなの普通の時見たら登るなんて到底考えないよ」というほどの急斜面を、 手足をフルに使って這い上がっていく。 俺もこれには「しょんべんちびりそう」なほどびびった。 体力面のつらさもある上、一歩足を滑らそうものなら確実に死ぬ。 さらに、高度の上昇と夕刻という時間のため気温がゼロ度に限りなく近づいていく。 あやうい探検隊=あやたん至上始まって以来の試練である。 ってかよーなんだよこれ、ふざけんなよ。

断崖絶壁を…
あやたん奥穂高岳

這い上がる
あやたん奥穂高岳

気温がゼロ度に限りなく近くなってくる
あやたん奥穂高岳

奥穂高岳登頂

17時10分、感動の瞬間がやってきた。 日本第3の標高3190mを持つ北アルプス奥穂高岳、あやたん登頂成功である。 暮れ行く夕日に360度パノラマの景色。周りの北アルプス、南アルプス、富士山までもが丸見え。 そんな頂上にて、あやたんメンバーは寒さと今だ消えない死への恐怖に震えつつ、 これまでのつらさを思い返し、登頂の喜びを分かちあう。 この感動は伝えることはおろか、思い返すことも難しいほど、複雑で、濃く、そして嬉しいものだった。 それを味わうためにあやたんは山に登るんだ。

日が沈む中
あやたん奥穂高岳

いざ頂上へ
あやたん奥穂高岳

登頂成功!
あやたん奥穂高岳

記念撮影、右下によっしーが辛うじて写っている
あやたん奥穂高岳

映像 : 登頂

奥穂高岳〜奥穂岳山荘

さてさて、登頂成功したからといってもちろん油断はできない。 時刻は17時過ぎ。山荘までは近いとはいえ、見える場所にはない。 あやたん至上最大の「あやうい」状況。 疲れきった脚で下山しだし、ようやく山荘らしきものを発見するも、 どんどん日が沈んでいき周囲は真っ暗。 風が吹いてきてまじ寒い。 しかも、道がこれまた超急斜面。 途中はしごがあるんだが、極寒の真っ暗闇の中それを下ることがどれほど怖いものか。 ほんとどんだけSプレーが好きなんだよ。 結局その恐怖を1時間近く体験して、なんとか山荘に到着。 嬉しくてきーちゃんと抱き合う。生きててよかった。

山荘の様子
あやたん奥穂高岳

映像 : 山荘へ

山荘での生活

山荘に着いたからといってだらだらしてはいられない。 なんせ山の夜は早い。さらに、今回の奥穂高岳山荘は満員御礼で空気がやたら殺伐としている。 自炊スペースの空きを待って19時くらいから自炊開始。 ほよコック長の指揮の下、みんなきっちしと仕事をこなす。 メニューはメインにパンプキンシチューと、ご飯、アボガドのピリ辛和え、 いわしの缶詰、シチューに入れ忘れたにんじん(キャロット!)スティック、などなど。 そしてほよコック長は隠しメニューにニョッキを作ってくれた! ほよが作ったニョッキだから「ヒョッキ」だね。 みんなで乾杯をしてご馳走になる。 おいしい。本人は納得が言ってないようだったがヒョッキにとりわけみんな絶賛。 やはり自炊は楽しい。

(左)ほよコック長、(右)シチューの牛乳を忘れたので山荘で380円で購入し投入
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

(左)飯の様子、(右)ご飯とパンプキンシチュー
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

映像 : 自炊

あわただしく消灯時間21時を向かえ、布団に入る。 といっても、寿司詰め状態なので一つの布団に二人入るというカオスな状態。 俺は遅く床についたのでみんなのいびきがものすげー聞こえる。 疲れているんだなーと思うも、他人事ではないので身体を休めることにする。

寝床の様子
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

二日目朝、起床は4時半。 既に他の登山客も動き出している。やはり朝も早い。 皆が日の出を見ようと外に出ている隙を狙って、自炊スペースを確保し、 朝食を作るとする。 メニューは定番のラーメン。 サッポロ一番は偉大だ。身体が温まり、今日の活力となるであろう。

山荘から見るご来光
あやたん奥穂高岳

隊長すがちゃんがラーメンをおいしそうに食べる
あやたん奥穂高岳

下山のルーティングをその場で話し合う。 昨日攻められなかった北穂高岳に登るという案も出たが、 奥穂高岳登頂で満足した感があったのと体力的な面で無難にパノラマコースを通って下山することにした。

山荘前にてみんなで記念撮影
あやたん奥穂高岳

下山開始、奥穂岳山荘〜涸沢ヒュッテ〜屏風ノコル

7時、山荘を後にして下山を開始! 本日も晴れていて、非常に心地が良い。 第一目的地の涸沢ヒュッテまでは、上りも下りも大渋滞が起こっている。 すれ違う人たちの中にお年寄りの方が多く元気に歩いているのに「よくやるなー」と関心。 涸沢ヒュッテ周辺では紅葉が始まりだし、周囲の山々ともあいまって素晴らしい景観だ。

これが大渋滞
あやたん奥穂高岳

涸沢ヒュッテの周辺ではテントがたくさん張ってありそれも鮮やか
あやたん奥穂高岳

ちらほらと始まった紅葉と緑が美しい
あやたん奥穂高岳

ヒュッテを出ると分岐地点があって俺らは屏風ノコルを通る上級者向けのコースを選択する。 難所といえども、昨日の経験があるからか、やさしく感じる。 レベルが確実に上がっているのを実感するよ。

(左)熟練者のみ通行とあるが、(右)みんなピースをするほど余裕
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

ところで、この登山中、あやたんのみんなはおならをしまくっていた。 とくに隊長すがちゃんときーちゃんは100発以上のガスを撒き散らしていた。 この二人のおなら、実際問題非常にくさいので、かなり迷惑なのだ。 高度が高くなると気圧とかの問題で屁が出やすくなる説、 身体を動かしているから腸が動いて屁が出やすくなる説などいろいろ考えたが、 とにかく山に行くとおならがたくさんでるよ。 登山のマナーとして、落石があったら「ラーク」と叫ぶというのがあるが、 おならが出たらみんなで「ガース」と叫びましょう。 ちなみに俺が卑猥な言葉を発したら「ゲェス」と呼ばれる。

屏風ノコル〜中畠新道分岐〜徳沢キャンプ場〜上高地

屏風ノコルを出てしばらくすると昼飯を食べるとする。 行動食がメインだが、ここもほよコック長の粋な計らいで、おしるこをご馳走になる。 温かいものを食べれるというのはほんと幸せ。

(左)休憩している様子、(右)おしるこ
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

さて、下りとはいえ、脚・足への負担がかかることは当然で、前日の疲れもあいまって身体がつらい。 ひざが「がっくんがっくん」。つまり笑うどころか「テラワロスwww」というくらいひざが大爆笑。 ペースもそれに応じて、自然と予定していたものよりも遅くなる。 これまた多少あやうい雰囲気で、結構急がないと上高地に着くまでに夕暮れとなってしまう。

下りといえど侮れない
あやたん奥穂高岳

だから、中畠新道分岐を過ぎて、平坦な道に出たときは嬉しかったね。 どれだけ平らなことがありがたいか。 途中ドラマ「氷壁」の舞台となった場所に出くわし、みんなで写真を撮るなど多少は余裕が出てきたよ。

平坦な道に出て歩くあやたんメンバー
あやたん奥穂高岳

ところが、平らな道とは言え、疲れきった身体で歩くことには変わりが無い。 どうも俺は、普段シエスタをとっている15時・16時頃の時間になると眠くなってくるみたい。 パーティーの最後尾にポジショニングすれば、 速度は遅くなり、ついにはそのまま寝てしまおうかと思ったくらい。 そこをなんとか踏ん張り、「上高地までもうすぐだ」と目標を持ち着実に歩みを進める。

いつも元気なすがの隊長に勇気付けられる
あやたん奥穂高岳

そしてやっと、16時。上高地に到着。 やった生きて帰ってこれたよ。 上を見上げれば俺らが少し前にいた穂高の山々が見える。 こんな高いところに登ったんだと自分達を褒め称え、素直に喜ぶ。

上高地から穂高を眺める、この山に登って降りてきたんだ
あやたん奥穂高岳

いやーね、よくやったよ。ほんと。

映像 : 下山
全行程地図

拡大地図を表示

その後は大行列に巻き込まれ1時間強待ったあげくジャンボタクシーという珍しい代物に乗り駐車場へ着く。 さぁこれから東京へ帰るぞー、といってももう時間は18時を過ぎている。 飯食って、温泉入って、とやってるとみんな今日中に自宅に帰ることは無理だという結論に達し、 次の日の早朝に都内へ行けばいいやと決意する。

(左)ありえない行列、(右)ジャンボタクシー
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

松本で焼肉、温泉

飯を食うなら肉食いたいということで、松本市街まで出て、やたらテンパっている牛角で焼肉をたらふく食らう。 うまい。腹いっぱい。 その後、24時まで開いている温泉へ行き、身体を癒す。 うわ、俺、爪が死んでいるよ。どうりで痛いわけだ。

(左)カルビとにんにくがとにかく食いたい、(右)みんながっつく
あやたん奥穂高岳 あやたん奥穂高岳

東京へ帰る

温泉内で、休息をとる時間も無く閉店を向かえ、寝る場所も無いから、交代交代で車を運転し、 東京を目指す。 俺は山道では眠かった癖に、その時はやたらテンションが上がり気味だったので、 最初の運転を担当。 よっしーのiPodに入っていたYUIを爆音でかけながら行程の半分くらいまで進行させた。 お次はきーちゃんにバトンタッチして、気づいたらいつの間にか東京。 都内あったかいよー、安心するね。 そして、デニーズで始発を待ってから、新宿にて解散。

俺は案の定、横須賀線で北鎌倉まで乗り過ごした
あやたん奥穂高岳

みなさん、ほんっと、お疲れさまでした。 今度は、槍ヶ岳攻める? とにかく、しばらくはちょいと遠慮したい気分だが、またあやうい目にあいながらも登山楽しもうぜ!

おまけ : 親父の穂高

俺が穂高に登るって親父に話したら、開口一番「やめとけ」と言った。 親父は昔、俺と同じくらいの年の時に登山をやっていて、その危険性は身を持って理解しているらしい。 今回登りきれなかった北穂高と日本のマッターホルンと呼ばれる槍ヶ岳を縦走したこともある筋金入りだ。 その時のお宝写真を大奮発してお見せして今回のレポートを終了としよう。

あやたん奥穂高岳

あやたん奥穂高岳

あやたん奥穂高岳

関連記事

参考文献

岳 (1)
posted with yusukebe.com::AmazonSearch on 2007.10.10
  • 石塚 真一
  • コミック / 小学館 (2005/04/26)
  • Amazon 売り上げランキング:
  • Amazon おすすめ度の平均: 4.5
    • 5 クライマーじゃなくても充分楽しめる
    • 5 山岳遭難での救助活動、そこに生まれる心の結びつきにグッときた
    • 5 命、生、死、全てを超えて山に登れ
Amazon.co.jpで詳細を見る

氷壁 (新潮文庫)
posted with yusukebe.com::AmazonSearch on 2007.10.10
  • 井上 靖
  • 文庫 / 新潮社 (1963/11)
  • Amazon 売り上げランキング: 13595
  • Amazon おすすめ度の平均: 5.0
    • 4 面白いのですが・・・
    • 5 死に吸い寄せられる青年
    • 5 昭和中期のひとびとの、凛とした、生きざま
Amazon.co.jpで詳細を見る

こんな僕でも社長になれた
posted with yusukebe.com::AmazonSearch on 2007.10.10
  • 家入 一真
  • 単行本 / ワニブックス (2007/02)
  • Amazon 売り上げランキング: 36365
  • Amazon おすすめ度の平均: 5.0
    • 5 素晴らしい出来栄え
    • 5 啓蒙とかビジネスとかじゃなく、家族愛が描かれてる
    • 5 感動的な一冊
Amazon.co.jpで詳細を見る

槍ヶ岳・穂高岳上高地北アルプス 2007年版 (山と高原地図 37)
posted with yusukebe.com::AmazonSearch on 2007.10.10
  • 単行本 / 昭文社 (2007/03)
  • Amazon 売り上げランキング: 9197
Amazon.co.jpで詳細を見る